欠点を兼ね備えたシアリスジェネリック薬品

世紀末の1998年にアメリカのファイザ-社が世の中にED治療薬バイアグラを発表しました。
この時は、世界中で大騒ぎになりました。
現地のアメリカでは社会現象につながる騒動にもなりました。
それくらい、再現性の高いED治療薬というのは非常にインパクトのあるものだったのですね。
それまでのED対処の精力剤、あるいは薬と称するものは再現性が非常に低くて信頼性の低いものがほとんどだったからです。
その一連の流れで続けて発表されて、その効果時間の長さでウイークエンドピルと言われたのがシアリスであります。
そしてその廉価版ともいうべきジェネリック医薬品がメガリスであります。
ともにタダラフィルが含まれているので高い勃起力が長時間保つことが出来るのです。
最初のころは、シアリスを使っていた時期がありました。
クリニックに行き診察を受けて調剤薬局に持って行きそこで調合してもらうということをしていました。
確かにすぐに薬は手にいるのですが、いちいちクリニックに出向く必要がありますし、薬局にも出向かなければなりません。
昼は仕事をしているので結構厳しいなあとは感じておりました。
その後ネット上で代行依頼で購入できるようになり完全に個人輸入代行業者頼み1本となりました。
その方が楽ですし、費用も安く済むことが多かったからです。
同じことがジェネリック医薬品のメガリスにも言えます。
この薬の場合、現在は日本では薬事法の薬剤とは認定されていないので薬局では入手できませんが将来は可能になるでしょう。
その前提で比較すると、やはり通販を利用することの方が私はメリットが多いと思われます。
代行依頼と病院処方の比較を過去の体験上でいうと、手間暇では代行依頼の方が圧倒的に優位です。
ネットのHPからすべて対応可能です。
かたや病院処方箋は、実際に2か所のポイントを回らなければなりません。
価格的には代行依頼の通販の方が病院処方箋のほうより少しやすいです。
入手まで時間でいうと、代行依頼はMAX2週間程度ですが病院処方箋の方は即時になります。
信頼度というと代行依頼の方はニセ物が流通していますので注意が必要になります。
具体的には業者選びが大切になります。
すなわち利用者の個人的な状況でどちらの方法を選ぶかを選択するのが一番良いと言えるでしょう。